×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

皮下脂肪燃焼ダイエット

皮下脂肪の基礎知識

皮下脂肪というのは皮膚の下に付いてしまった脂肪のことです。皮下脂肪は内臓脂肪に比べて蓄積しやすく落ちにくいので、厄介なものです。皮下脂肪は緊急時のエネルギーを蓄えているので燃焼しにくいのです。皮下脂肪は食事によって摂取されたカロリーのうち、消費されないで余ったカロリーが蓄えられてできたものです。皮下脂肪というと敵のような気がしますが皮下脂肪は身体にとって重要な役割を果たしています。それはエネルギーの貯蔵と体温の保温です。皮下脂肪という膜に覆われているということなので皮下脂肪が少ない人は体温が逃げやすくなります。皮下脂肪の多い女性の方が寒さに強いということでしょうか。そして妊娠時に子宮を冷やさないようにすることと、衝撃から守るために皮下脂肪は大切です。皮下脂肪は妊娠時には大切なガードとなりますので、男性よりも女性のほうが多いといわれています。皮下脂肪は身体に必要なのです。無駄な分だけ、燃焼させましょう。

有酸素運動でダイエット

運動することが皮下脂肪を燃焼させるためには、やはり一番効果的です。皮下脂肪は身体の保護用として必要なものですので、他の脂肪と比べて減りづらくなっています。ただその脂肪がつきすぎてしまったら、脂肪を燃焼させてダイエットすることになるのです。しかし有酸素運動をしていくことで、無駄な皮下脂肪も次第に減っていくと思います。脂肪燃焼のための運動は習慣にすることが大事です。脂肪燃焼しやすい有酸素運動としては、一番はウォーキングです。体脂肪を燃やすためには有酸素運動が有効ですが、運動を始めると脂肪が燃焼をする前に筋肉中の糖分、次に血液中のブドウ糖がエネルギーとして使われて、脂肪が燃焼するまでは20〜30分かかります。あとはサイクリングや水泳などが効果的だと思います。膝が痛いなどでウォーキングができない人は、水泳をすることで十分有酸素運動ができますし、脂肪燃焼もできます。脂肪燃焼に効果のある有酸素運動に関しては難しく考える必要はありません。目安としたお話をしながらできる程度の強度です。いくら運動をしていても、しゃべれないくらいの激しい運動は身体に負担がかかるので逆効果になることもあります。もし、健康に不安がある場合は運動を始める前やサプリメントを摂る前に医師に相談をしてみましょう。特に心臓に負担がかかる運動の場合は注意が必要です。

脂肪燃焼系サプリメント

サプリメントを使って、効率の良いダイエットをするのも良いでしょう。天然成分のカプサイシンなどは脂肪燃焼を促進する働きがあるので、有酸素運動の効果も高まります。

体脂肪を落とすためのサプリメントとしては、Lカルニチンがあります。この成分が不足すると脂肪が燃焼しにくくなるため、外から補ってあげるのです。L−カルニチンは、体内では肝臓で生産されていますが、その量はごく少量です。L−カルニチンを多く含む食品の筆頭としてあげられるのは、羊肉でしょう。魚介類の中では、赤貝に多いようです。脂肪を落としやすくするサプリメントとして、マティンも人気があります。マティンは昔からマテ茶として飲用されて来ましたが、食事の前に摂ると食欲を抑え、脂肪の分解を助ける効果があります。

肥満解消をしようとして、必要以上に脂肪摂取を制限すると、脂肪に含まれるビタミンAやコエンザイムQ10などが不足しますし、亜鉛やミネラルも足りなくなりがちなので、バランスの良い食事を心がけましょう。

カロリー制限をする場合は、ビタミンやミネラルが不足しないように注意が必要です。特にビタミンBが足りなくなると、脂肪燃焼もしにくくなってしまいます。