×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

産後の皮下脂肪を燃焼させるダイエット

ダイエット成功は気持ち次第

妊娠中は少しは太るのは仕方のないことですが必要以上に太ることはありません。食欲にまかせて食べていると身体は重くなり適度な運動もままならなくなり、ますます余分な栄養をとり脂肪を蓄えることになるという悪循環に陥ることになってしまいます。栄養を取るのはほどほどにしておきましょう。産後ダイエットがますますつらいものになってしまわないようにしましょう。テレビを見ると産後でも女優さんやタレントさんはみごとに産後のダイエットに成功されて出産後も美しい姿でいらっしゃいます。最近では竹内結子さんが実践されたというMicacoさん考案のインスパイリングエクササイズ産後ダイエットが注目されています。意識の違いで人は変われるのです。からだが産後の太った身体に慣れてしまわないうちに妊娠前の体型に戻るために産後ダイエットに挑戦してみませんか。産後は身体の快復を考えて、無理なダイエットはしてはいけません。赤ちゃんを育てるのですからバランスのとれた食事をとりましょう。

産後の食生活

母乳育児はダイエット効果があるといわれています。母乳には赤ちゃんにとって大切な免疫をつけるための成分が含まれています。ママのダイエットにも赤ちゃんにも大切な母乳です。赤ちゃんが母乳を飲む為におっぱいを吸うと、プロラクチンというホルモンが分泌されます。このプロラクチンが母乳の出をよくし、また子宮の収縮を促す作用がある為に子宮の回復が早くなり元の体に戻るのも早くなるのです。母乳育児のママが体重が早く元に戻ったという例はよく聞きます。でも、赤ちゃんに母乳を飲ませているとお腹がすくのでつい食べ過ぎてしまい、好きなものを食べ放題に食べていたのでは、痩せるわけがありませんね。必要な栄養を摂る事と栄養を摂りすぎる事は別ですから、お菓子の食べすぎはやめ、間食はバナナや乳製品、低カロリーで高たんぱく、ビタミンやミネラルなどに気をつけたバランスのよい食事を心がけましょう。オススメは植物性タンパク質を多く含む大豆食品や野菜類、キノコ類や海藻類等です。小魚や乳製品、プルーンやレバー等、カルシウムや鉄分が多く含まれている食品は大切な栄養素です、摂り過ぎに気をつけて上手にとりいれましょう。

基礎代謝と骨盤矯正ダイエット

通常の生活をしていて消費されるエネルギーを基礎代謝といいますが、産後ダイエットにもこの基礎代謝を高めることが必要になります。出産前はどうしても大事をとって運動が控えめになり、脂肪は増え筋肉量が落ち、筋肉量が落ちると基礎代謝もうまく消費されなくなります。基礎代謝が低下すると摂取したカロリーが消費されにくい太りやすい体質になってしまうのです。この時期に甘い食べ物や食事量が増え、カロリーを摂りすぎると産後太りを確定させてしまいますので機をつけましょう。低下してしまった基礎代謝を上げるために軽い運動をして脂肪を落とし、筋肉をつけることを心がけましょう。良質のタンパク質を摂り筋肉をつけることが産後ダイエット成功には必要なことです。基礎代謝をあげる事と同時に忘れてはいけないのが骨盤の矯正です。出産でゆがんだ骨盤の改善をしなくてはせっかくの努力が半減してしまいます。骨盤を正常な位置に戻す効果があるエクササイズが女優の竹内結子さんが産後ダイエットとして取入れて見事に成功した「インスパイリングエクササイズ」です。